草喰なかひがし

草喰 なかひがし | 日本料理 旬の食材を使ったおもてなし 出町柳


HOME

草喰なかひがし物語

草を喰む

お店の雰囲気


HOME»  草を喰む

草を喰む

草を喰む

『草を喰む』

「万物創世」地球上のすべての命は、太陽の光と水と空気によって生かされている。

人間もその一員

幾万年もの昔、我々の祖先は火を使う事を覚え、
食べ物の消化吸収が良くなり、脳が発達しました。

この事で衣食住が自由に扱える様になり、感情を持つ事が出来るようになりました。

文明が発達し、農耕をする事を覚えました。
種を蒔き収穫し、皆で分け合い、喜びを感じ感謝する事で、文化が発達しました。

土を母体にして、、水と太陽の恵みがあってこそ・・・

良い作物が育つためには、土も水も清らかである事が条件でしょう。
そして澱みなく、太陽の光が届く事が大切でしょう。

笹の葉が産み出した雫を大地が受けて育み、滋味を与えて送り出す沢水。
その水が美味しさを作り出すのではないでしょうか。

我が意は、毎日沢野を駆け巡り、畑に寄り、命ある作物を戴き持ち帰る。
その作物は、調理方法を煩く語ります。

「食べられる物は全て食べ尽くせ」と。「美味しい物だけをつまみ喰いするな」と。

人間の知恵で食べ尽くす事が、命ある食べ物を成仏させる事だと。

そして又、土に返して根を絶やさない事が、共存共栄に繋がり、未来へリンクしていくものだと・・・